п@0154-41-1600
E - mail:tano@tano-paint.jp
TOP お知らせ 塗 装 編 外 壁 編 特別企画 会社概要 社長挨拶


魔法の塗料ルミフロンは、いま、あらゆる分野で使われていて、その実績は「レインボーブリッジ」や「飛行機の機体」
「大型客船の船体」などで、使われています。
その魅力は、抜群の耐候性で、長期間ピカピカなままで、住宅の外壁では、将来の塗り替え回数が少なくて済むのが
特徴です。
今回、太平洋に面したその名の通り、霧の多い 霧多布は夏の日照時間が短く、岬の先端は太平洋からの潮風による
塩害をまともに受ける悪条件で、U邸さまの、ルミフロンを使用した外壁の耐久性を、長期間ホームページで、公開していきます。
北海道厚岸郡浜中町霧多布岬
厚岸郡浜中町霧多布にお住まいの さまの、周辺の紹介です。<(_ _)>
2005年10月 施工
施工平成17年10月開始 屋根&外壁の高圧洗浄中
ルミフロン
  出窓はカルセラ貼りで    ルミフロン完成編 
2006年3月 霧多布岬
施工終了後 第1回目報告 厳しい北風に耐える ルミフロンです。
(施工終了後3ヶ月経過)
平成18年3月16日更新
2006年8月 霧多布岬
第2回目報告
施工終了後、約9ヶ月経ち立派な塀もできました。
ルミフロンは冬の厳しい寒さに耐え、夏は霧に耐え現在も、輝きは失われておりません。
今後もルミフロンの状態を報告して行きますので、お待ち下さい。

平成18年8月18日更新
2007年3月 霧多布岬
第3回目報告

(施工終了後16ヶ月経過)
平成19年3月17日更新
2007年10月 霧多布岬
第3回目報告
  久しぶりに、ルミフロンに会いに行きました。
        相変らずルミフロンは元気で、ひかり輝いていました。   

(施工終了後23ヶ月経過)
平成19年11月7日更新

2008年10月の霧多布岬
第5回目の報告  しばらくぶりと言うより   1年ぶりの報告になり  誠に申し訳御座いませんでした。<(_ _)> 秋の霧多布岬によってみると  海に入っている人達が見え、   波にさらわれそうな場面に遭遇しました。  近くに居た地元の人に尋ねたところ、  「ひろい昆布をしている」と言う事でした。 上の写真がその時の様子です。

1年ぶりにルミフロンに会いましたが、  元気に光輝いていた事を報告致します。

(施工終了後35ヶ月経過)
平成20年10月22日更新

施工終了後 第6回目報告  何回も岬に来ていましたが、   きりたっぷ岬の看板を     初めて見つけました。  5月の霧多布岬です。
  あいにくの天候ですが、ルミフロンは元気で、
        玄関先では、お花も霧に負けず元気でした。   

(施工終了後42ヶ月経過)
平成21年5月19日更新

2011年9月、久しぶりの更新です

施工終了後 第7回目報告 前回の報告から、早いこと2年以上も経ち 報告が疎かになり、誠に申し訳ございません。 <(_ _)> 今日の天候は、あいにくの霧でした。
残念ながらあいにくの天候で、ルミフロンの輝く姿を、
お見せ出来ないのが、非常に残念です。

(施工終了後70ヶ月経過)
平成23年9月19日更新

2012年5月、  ルミフロン今年初の更新です

施工終了後 第8回目報告 今回は、壁の汚れが目立ちましたので ルミフロン専用洗剤で洗浄した結果をご報告いたします。 上の写真で見える汚れを 下の写真の洗浄液を使用すると?
 ルミフロン専用洗剤で洗浄した結果は上の写真で見える汚れを、 下の写真の結果のように、 もとの外壁の輝きが、よみがえりますしたので、 写真でご確認くださいませ。 <(_ _)>
今回も残念ながらあいにくの天候で、ルミフロンの輝く姿を、
お見せ出来ないのが、非常に残念でが、
たぶん北海道で今季最後の桜がきれいに咲いていました。

(施工終了後78ヶ月経過)
平成24年6月6日更新

2012年12月の様子

施工終了後 第9回目報告 12月のルミフロンの様子と霧多布の様子を 報告致します。 <(_ _)>
残念ながら晴れ間のない、あいにくの天候で、ルミフロンの輝く姿を、
お見せ出来ないのが、非常に残念です。

(施工終了後85ヶ月経過)
平成24年12月撮影


工事中の様子から、その後の様子までを長期間にわたり
報告をいたしております。


有限会社たの塗装工業に お問い合わせください。

連絡先 リフォーム事業部 0154−41−1600
E-mail tano@tano-paint.jp
企業編